ネットビジネス

情報起業で稼ぐ方法を徹底解説

情報起業で稼ぐ方法を徹底解説

情報起業で成功する秘訣とは?

情報起業で成功する

 

こんにちは樋口です。

 

僕のブログを読んでくださるあなたは、

 

副業から始めてまず月収10万円、

 

さらに月収100万円の売上を手にするビジネス力を付けていただくよう、

 

このブログできる限りの情報やノウハウをお伝えするつもりです。

 

初心者がアフィリエイトでを稼ぎ出す方法を今までお伝えしてきましたが、

 

今日は情報起業で月収100万円を稼ぎ出す方法をお伝えします。

 

 

「情報起業は稼げる!」

 

と聞いて、自己流で情報起業を始めた人達の現実をご存知ですか?

 

●まず最初に何からはじめたらよいのかがわかりません。

 

●こういうことが大変とか苦労したとか商品の選び方とか何でも教えて欲しい。

 

●稼げそうだけど、未だ行動できていない。

 

●まぐれで成約したけど、長続きしない。

 

●サイトを一生懸命作っているのにアクセスが無い。

 

●まずは、10万円をコンスタントに稼ぎ出す戦略を知りたい。

 

私の周りの情報起業に興味を持つ人たちからこんな声をよく聞きます。

 

そして、実際にサイトをつくって商材を売り出すところまで辿りつく人は、全体の10%です。

 

90%の人が、やれ「商材探索中」、やれ「戦略策定中」と延々と言い続け、一歩も前に踏み出せないでいるのです。

 

更に、一歩を踏み出せた人で、少なくとも月収10万円以上稼いでる人となると、激減してしまいます。

 

そんな中で、私が10年以上前に作ったサイトは、

 

今でもほったらかしで毎月10万円以上稼ぎだしています。

 

できないこと、経験のないことは、

 

既にその世界で実績をあげている人間に教わるのが一番早いです。

 

ゴルフやピアノでも、最初に習わなければ上手くできるようになりませんよね。

 

最初に誰かに習いますよね?

 

情報起業のビジネスも同じで、

 

一番最初にしっかりした考えとノウハウを持った人から教わって、

 

後は自分流にアレンジしていけばいいのです。

 

まず、結果を出した人と同じようにやってみる。

 

それが、成功する秘訣です。

 

「今、自分はまず何をすればよいのだろうか?」

 

こんなことを考えながら、あなたは無駄な時間を過ごしていませんか?

情報起業で稼ぐためのポイント

稼ぐためのポイント

 

冒頭で説明したように、私の周りの情報起業に興味を持つ人たちで、

 

実際にサイトをつくって商材を売り出すところまで辿りつく人は全体の10%程度です。

 

更に、一歩を踏み出せた人で、

 

少なくとも月収10万円以上稼いでる人はほんのわずかだとお話しました。

 

そのほんの一握りの情報起業で成功している人たちの中に、

 

私のクライアントさんたちがいらっしゃいます。

 

「じゃあ、失敗しない情報起業の方法って何ですか?」

 

と、疑問に思われることでしょう。

 

結論からお話します。

 

情報起業で大切な4つのポイントになります。

 

(1)売れる商材を作り込む。 

 

(2)又は、バカ売れする商材を探し出す。

 

(3)魅力的なセールスレターを書く。

 

(4)アクセス数が多いサイトを作成する。

 

たった4つだけです。

 

以上を間違えずに正しい手順でひとつづつ作業を進めていくだけで、

 

失敗しようがない情報起業ができ、確実に稼ぎ出すことができるのです。

 

「たった、それだけで情報起業が成功するのですか?」

 

「嘘っぽくて、すぐには信じられないよな。」

 

と、おっしゃる方もいらっしゃいますが、

 

私のクライアントさんは私も含め、

 

この4つのポイントをしっかりおさえるだけで成功しています。

 

それでは、この疑いを晴らすため、

 

ひとつづつ順を追って、これらのポイントをご説明していきたいと思います。

失敗しない情報起業とは?

失敗しない起業とは?

 

まず、情報起業で最も大切な事。

 

それは、一にも二にも、とにかく「売れる商材」を見つけることです。

 

 

このポイントさえ押さえてしまえば、成功したも同然です。

 

この商材の良し悪しで、全ての結果が左右されます。

 

商品の良し悪しというのは、品質がいいとか機能がすばらしいとかではありません。

 

その商品をお金を出して買ってくれる人がいるかどうかで商品の良し悪しが決まります。

 

あなたが、どんな商品を売ろうとするのか、作ろうと思うのかが、

 

情報起業において死ぬ程大事なポイントになるのです。

 

私のクライアントさんたちにそのポイントをはずさず、

 

「失敗しようがない情報起業」の手順を以下のように進めるようお勧めしています。

 

(1)売れる情報を見極める。

 

(2)その情報が無ければ、持っている人を探し出し、その情報の概要をつかむ。

 

(3)セールスレターを書き、サイトを作成して、先行予約販売する。

 

(4)売れる事を確認してから商材の作成を行う。

 

(5)商材完成後、予約注文者に発送する。

 

(6)継続したマーケティングでサイトにアクセスを集める。

 

この通りに進めれば失敗しようが無いはずですが、

 

なぜか、ずっと足踏みをする方も中にはいらっしゃいます。

 

どこでつまずいているのか、

 

よくよく考えてみると(3)から(6)までは、

 

手順に沿って進んでいけるので、やってみるとそう難しくは無いはずです。

 

どうやら、(1)の売れる商材の見極めと、

 

(2)の「ノウハウ提供者」でつまずく人が多いようです。

 

そこで、このブログを読んでくれてるあなたには、

 

誰にでもできる、「売れる商材の見極め方」と、

 

「ノウハウ提供者を探す方法」をお伝えしようと思います。

情報起業で売れる5大カテゴリー

 

以下がバカ売れする5大カテゴリーになります。

 

■お金が儲かるノウハウ

 

■男女の悩みが絡むノウハウ

 

■コンプレックス解消ノウハウ

 

■お役立ちツール

 

■スキルアップ

 

これらの悩みから逃れたい!

 

そういうニーズを満たす物こそ、売れる商材のヒントが隠されているのです。

 

それでは、売れる商材の具体的な探し方をお話する前に、

 

「売れる脳」に変える脳トレをしてみましょう。

 

売れる脳とは、売れるものに敏感になると言うことです。

 

売れるネタをどう探すか? 街に出る? 人に聞く?…etc。

 

それもいいですが、インターネットの時代にはもっといい方法があります。

 

売れている本のランキングを見ればいいのです。

 

アマゾンのベストセラーランキングから、

 

「今、お金を出しても売れる情報は?」

 

「どんなタイトルで売れてるか?」

 

を意識して、50位くらいまでざっと眺めてみましょう。

 

その時、興味が惹かれる(お金の臭いがする)キーワードや本があれば、

 

カスタマーレビューを見て、何を知りたかったのか、何に感動したのかをつかみましょう。

 

これを数週間繰り返すうちに、

 

短期間で「売れる脳」に変わり、商材が売れるかどうか直感的に見抜ける力が付いてくるはずです。

 

試しに、やってみては如何でしょうか?

 

では、ここから具体的な商材になるネタ探しをお伝えしていきます。

 

「あなたが持っている情報を売りましょう」

 

「あなたの身近な人から商材を探しましょう」

 

等の話をする情報起業家がいますが、

 

そんな話を信用してはいけません。

 

いいですか?

 

「そんなに身近に売れる情報はゴロゴロしてません。」

 

売れる商材は、あくまで売れる5大カテゴリーの中からあなたがやりたい事を探す。

 

このポイントを忘れないでください。

 

そして、事前調査で売れると見込んだものだけを売れば失敗はありません。

 

それでは、「売れる商材」をどのようにリサーチしているのか、具体的にお話しましょう。

商材の需要の調査

教えてGoo

まず、選んだキーワードに対し、どれだけ需要があるか、「教えて!goo」で検索します。

 

検索して、1000件以上出てきたら、「悩みが深い」「売れやすい」と判断していいでしょう。

 

例えば、「メタボ」や「口臭」等を検索すると、

 

1000件以上出てきますので、

 

これらの対策商材は、「悩みが深い、売れやすい」商材であると、私は判断します。

ライバル数の調査

次に、YahooやGoogleで、「メタボ」や「口臭」のキーワード検索を行い、

 

どれだけ広告が出てるか調べます。

 

上部と右側に表示されるスポンサーサイトがこの商材のライバルです。

 

ライバルの切り口を知り、「ライバルと如何に差別化するか」が重要で、

 

「差別化ができる」と踏めば、私は躊躇なくこのマーケットに飛び込んでいきます。

ライバルの売れ行き調査

インフォトップ

 

「メタボ」や「口臭」のキーワードで、既に売れているライバルがいるかどうか、インフォトップ等で調べます。

 

スポンサーサイトを見てみると、

 

まだ広告が出てなくていくつかの商材がありますが、

 

インフォトップのトップ100にはランクインしていない事が解ります。

 

では、この商材には、ニーズが無いのでしょうか?

 

逆です。

 

需要が多いのに供給が満たされていないと判断します。

 

つまり、「バカ売れのチャンスあり」と見るのです。

 

あとは、「メタボ対策」 「口臭対策」の圧倒的なプロを見つけて商材を作ってもらい、

 

セールスレターを書いて、サイトに人を集めるという手順で進めます。

売れる商材かの3つの検証

ここから更に、選定したキーワードを3つの観点から検証していきます。

 

(1)その悩みに緊急性はあるか?

 

(2)その悩みは、根源的で海のように深いか?

 

(3)喉から手が出る程欲しがる人は、どれくらいいるか?

 

これはいけそうだというものが見つかるまで、

 

何度も何度もこの検証を繰り返します。

 

このように、「売る前」に一番神経を使い、

 

売りやすい物を売ると言うマーケティングの大原則に徹します。

 

既にある商品を選択してアフェリエイトするのもいいですが、

 

未だ無い商材をプロに作ってもらう方が売れた時の利益は、大きいものです。

 

では、商材のパートナーとなるプロに、どこで出会えるのでしょう?

 

なまじそれに詳し自分の知り合いや友人よりも、

 

SNSのコミュニティサイトやココナラ、ランサーズを活用して、

 

プロを探した方が、よい商材が出来上がります。

 

例えば、「コミュニティ検索」で「ダイエット成功」と検索すれば、

 

驚くほどのダイエットのコミュニティがズラーっと出てきます。

 

その書き込みを見て、これはと思う成功者にメールでコンタクトします。

 

あなたのダイエット法に興味があって、

 

詳しく教えて頂きたい事、マニュアル等にまとめて情報販売をしたい、

 

また、その時の条件等をお伝えします。

 

初対面の方でも、意外とOKをもらえるものです。

 

もらえなければ、次の人にあたればいいだけですから。

 

以上が情報起業で稼ぐためのステップになります。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

あなたの応援が励みなります!


不労所得ランキング

 

ネットビジネススクールIBM
プロフィール動画
カテゴリー
あなたの応援が励みになります!

人気記事

人間には何にでも慣れることができる適応能力がある。
この力を備えているからこそ人間はある程度厳しい環境に身を置いても耐えていける。
しかし適応能力には非常に危険な一面もある。
慣れてくると目の前のぬるま湯に浸るようになってしまう。
今の仕事、ぬるま湯に浸かってませんか?

「禍福はあざなえる縄のごとし」
災いと福とは縄をより合わせたように入れかわり変転するという意味。
今は安定してたとしても必ず危機は訪れるもの。
調子に乗ってると足元をすくわれるぞー
調子に乗って会社を倒産自己破産したオイラの独り言です🤣

自分の人生にとって大切な人と巡り会える機会は誰にでも公平に与えれている。
それを掴めるかどうかは本人次第。
大事なことは訪れたそのチャンスをどう掴み取るかだ。
毎日を一生懸命生きてる人にお天道様はソッポを向きませんよ😀
誰にでも必ずチャンスは訪れるってこと。
お天道様は見てるぞー🌞

Load More