アフィリエイト

【初心者必見】アフィリエイト未経験者がSEOで稼ぐための秘訣とは?

SEO対策とは?

SEO対策とは?

 

アフィリエイト初心者の方に会得していただきたいスキルがあります。

 

それは「SEO対策」です。

 

聞いたこともあるのではないでしょうか。

 

このSEO対策についてお話します。

 

ちなみに「SEO」とは

 

『 Search Engine Optimization 』

 

の頭文字をそれぞれとった言葉であり、

 

日本語で言うと「検索エンジン最適化」と訳せます。

 

自分の作ったホームページが「ニキビ解消」というタイトルなら、

 

「ニキビ解消」

 

と検索エンジンで検索して自分のサイトが、

 

ページの上位にくるように工夫していくことがSEO対策です。

 

決まった顧客アドレスに配信するメルマガなどは、

 

このSEOを意識しなくても既に持ち合わせている顧客アドレスに送信するだけで販売効果は確かにあります。

 

しかし、この顧客アドレスを収集するまでがSEOを知っているか知らないかで差がつくのも現実です。

 

作成したサイトが検索ページの上位にくれば、

 

多くの人に見てもらえる可能性が高くなります。

 

結果、その作成したページが閲覧者の気に入ったものならば、

 

購入或いは読者登録という成果につながります。

 

これが、検索ページの上位ではなく、2ページ目、3ページ目・・・

 

それより後のページだとしたらどうでしょう。

 

知りたいキーワードで検索してきた閲覧者の殆どは1ページ目だけを確認して終わりです。

 

それ以後のページに出ていても成果のほどは殆ど期待できません。

 

検索エンジン経由でのビジネス展開もここでしっかりと抑えておきたいものですよね。

間違ったSEO対策とは

間違ったSEO対策とは

 

SEO対策を細かく書き出すと膨大な情報量となります。

 

よって最低限やるべきSEO対策をお伝えします。

 

これを知っているのと知らないのではスタートから大きく差が開きます。

 

ただですね、ハッキリ言いますと、

 

面倒なSEO対策はやらないほうがいい!

 

ということです。

 

「SEOを攻略すれば検索エンジン上位表示される」

 

この異論について僕の見解をお伝えします。

 

 

SEOに対して間違った解釈をしていると、

 

ネットビジネスを継続して収入を上げていくことは困難です。

 

SEO対策の一つとして、

 

一般的なマニュアルに書いてある方法の一つに

 

「サイトに自作自演の被リンクを大量に送る」

 

というものがあります。

 

つまり、これは無料ブログを気がおかしくなるほど自分で量産する作業なんですね。

 

これをすれば必ず上位表示できる、

 

と信じてやっても大半の人は挫折します。

 

たとえ違う無料ブログからのリンクでも大量にメインブログにリンクが送られてきたら、

 

検索エンジンはスパムと判断します。

 

あと、SEO対策として有名な手法は、

 

  • 相互リンク
  • ソーシャルブックマーク
  • 中小検索エンジン登録
  • トラックバック
  • 掲示板

 

などがあります。

 

しかし、これを毎回毎回手作業で行うと膨大な時間の浪費が発生します。

 

その割にはこの作業をしたところでSEOの効果は薄くなってきているのが現状です。

 

その他、無難なSEO対策の方法としましては、

 

「独自ドメインを使ってサイトを外注で量産する」

 

という方法です。

 

ただこの手法もGoogleが頻繁にアップデートをしており通用しなくなっております。

効果があるSEO対策とは?

効果があるSEO対策

 

なら、SEO対策はあきらめるしかないのか、

 

というとそうではありません。

 

まず今のネットビジネスにおいて、

 

SEO効果が占める割合は1~2割である、

 

ということを知っておきましょう。

 

そのくらいしか影響力はないと考えていいです。

 

SEO以上に大切なことは、こちらのページでお話してきた内容です。

 

ここで改めてまとめてみますと、

 

  • 弱者は最初から強者と同じ舞台で戦わない
  • 売れる商品を扱う
  • 売れる商品をいつ扱うか
  • キーワードもしっかりと絞り込めている

 

以上の条件がしっかりとクリアした上で、

 

サイトを作成した場合SEO対策が生きてきます。

 

では、最低限の効果的なSEO対策はどういった方法があるか。

 

まず、基本的なやり方としましては、

 

内部対策と外部対策があります。

 

<SEOの内部対策>

  • サイトページ数は30ページ以上

 

  • 文字数は1ページに400~600文字以上

 

  • 内部リンクを施す

 

<SEOの外部対策>

  • 色んな言葉のアンカーテキストでリンクを徐々に追加していく

 

  • その際、全て同じブログや同じテンプレートからはリンクをしない

 

以上になります。

中古ドメインによるSEO対策とは?

中古ドメインのSEO対策

 

しかし、これ以上に費用対効果を上げる方法がありますのでご紹介します。

 

1 格安なバックリンクサービスを利用する

 

2 良質な中古ドメインを購入する

 

この2つです。

 

2の中古ドメインについてですが、

 

これは有効期限が切れて所有者のいなくなったドメインのことです。

 

そこには時として力のあるサイトからのリンクがかかったまま放置されているサイトでもあります。

 

最初から中古ドメインを取得してサイトを作成していけば、

 

新規でドメインを取得して作成するよりも検索エンジン上位表示の確率が何倍も高くなります。

 

 

ここで、良質な中古ドメインを信頼できる業者から購入すると金額は約1万円かかります。

 

経費を節約したいがために、

 

中古ドメインを自分で探すこともできますが当たり外れが激しいです。

 

10個購入したら1~2個が何とか当たるくらい。

 

時間をかけて中古ドメインを探して安く購入できたとしても効果が見込めない。

 

それならば良質な中古ドメインを業者から購入したほうが早いということです。

 

 

業者(プロ)が選んでくれる良質の中古ドメインは、

 

自然についたリンクも大量にあるので効果は充分に期待できますし結果も早く出ます。

 

又、1の格安なバックリンクサービスを利用する時期は、

 

2で購入した中古ドメインで効果を確認した後、

 

バックリンクで更に磐石なサイトに仕込む方法です。

 

ここまで読んで記事についても外注しないの?

 

と思われたかもしれません。

 

記事も1文字1円~(例:600文字で600円)などで外注して準備する方法もできます。

 

時間効率を考えると、記事を書くことは非常に時間がかかる作業なので、

 

できれば信頼できる業者があれば出したほうがいいかもしれません。

 

しかし、記事については書く手の人柄が出てしまい、

 

せっかくお金を出して記事を購入したにも関らずコピーに近い粗悪な文章だったこともあります。

 

結局その後自分でリライトする手間が発生しました。

 

ならば、中古ドメインとバックリンクは信頼のおける業者に頼んで、記事だけは自分で書く

 

これが1番確実と思い私は実践しています。

 

同時にこれらはアフィリエイトの成功者が実績を出している方法でもあります。

 

アフィリエイトで初心者が稼ぐためには、

 

稼いでる人の手法をパクることです(笑)

 

で、もう一つ最後に付け加えると、

 

SEO対策で一番効果が高い施策は記事を書き続けるということです。

 

検索エンジンはユーザーにとって良質なコンテンツを高く評価します。

 

以上がアフィリエイト未経験者のためのSEO対策になります。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

あなたの応援が励みなります!


不労所得ランキング

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
ネットビジネススクールIBM
プロフィール動画
カテゴリー
あなたの応援が励みになります!

人気記事

犯罪に手を染めてしまう一番の原因は金です。
金が原因で人は、恨み、妬み、怒りといった負の感情を抱きその感情をコントロールできなくなり、万引き、横領、詐欺、窃盗、強盗といった犯罪に走ってしまう。
金が原因で強盗する人間もいれば金があっても俺のように脱税をする人間もいる。金は魔物だ。

アフィリエイトは自宅で引きこもりがやるアルバイト。これが世間が抱くイメージだ。アフィリエイトのイメージを変えていきたい。デジタルコンテンツで人間のハートをどうやって描いていくのか?人の心はアナログだからITを駆使しいかにデジタルでアナログを描いていくのか?アフィリエイターの使命だね

アフィリエイトで5,000円以上
を稼いでいる人はたったの5%。
95%の人が稼げていない。
この5%の人は特別なスキルがあったのか?
それともネットマーケティングの知識が豊富だったのか?

どちらとも違う。
一体何が違うのか?

それは、「知っているか」「知らないか」
だけの違いです。

Load More...