ホーム > Qiballについて

きぼーるについて

〈名称〉Qiball(きぼーる)

「希望のボール」の意。Q の丸い字形がプラネタリウムをシンボル化。
頭文字のQは、9つの機能で市民のくらしに役立つQ=球。

(1)子ども交流館(2)子育て支援館(3)科学館
(4)中央保健福祉センター(5)中央区役所(6)プラネタリウム
(7)アトリウム(8)ショップ&レストラン(9)千葉市のシンボル

ロゴマーク

輝く球(ボール)と同時に、「個」が周辺から芯に向かって集合し、球(ボール)を形造る姿を表現。人々が集い、語らい、体験していく中で、希望を持ち、輝きのある生き方を見いだしていける場のイメージを形にしている。

名称とロゴマーク決定の経緯

組合がコピーライター・眞木準氏に名称案の作成を依頼し、平成18年10月15日(日)から10月31日(火)まで市民投票を行いました。得票数は下の表のとおりでした。

Qiball1,193票
Q!358票
夢宙館(むちゅうかん)668票
合計2,219票

この結果を組合総会に諮り、名称を「Qiball」に決定しました。また、決定された名称をもとに、組合がロゴマークの作成をサイン・グラフィックデザイナー宮崎桂氏に依頼、作成しました。

[名称発案]
眞木 準(コピーライター)

眞木準企画室主宰。伊勢丹、ホンダ、サントリー等の広告制作を担当。代表作として「アエラ」(朝日新聞WEEKLY/ネーミング)、「でっかいどお。北海道」(全日空)。朝日広告賞、毎日デザイン賞、日経広告賞、読売広告賞他受賞多数。

[ロゴ/サイン作成]
宮崎 桂(サイン・グラフィックデザイナー)

株式会社KMD(Kei Miyazaki Design)代表取締役。代表作として、東京国際フォーラム、電通本社ビルなどのサインデザイン。経済産業大臣賞、SDA(日本サインデザイン協会)大賞等の受賞歴多数。